スリーカラー

金の色の種別として、スリーカラーという分類があります。ホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドという三種類が、この分類にあたります。

・ホワイトゴールド
18Kの場合は、金が75%、銀が15%、ニッケル及びパラジウムなどが10%という割合が通常の場合です。色としては黄色と白の中間的な色合いになります。パラジウムが含まれている場合には、そのほうが高価ということになります。ニッケルが含まれている場合では、それ自体がアレルギー源になってしまう場合もあるようです。パラジウム割のほうが、国産では標準的になっています。
プラチナの代用品として、装飾品に使われることもあります。18Kホワイトゴールドへプラチナを混ぜることにより、色が黒っぽくなりますが、これはブラックゴールドと呼ばれています。
Read the rest of this entry »

リサイクルショップを活用する。

金やプラチナなどの貴金属の買取を行っているところをよく見かけますが
それら以外でも、家具や電気製品や時計なども買い取ってもらうことが出来ます。
Read the rest of this entry »

カラーダイヤモンド

ダイヤモンドの色合いについては、実際には黄色や褐色のものが、無色透明のものよりも多数という状態になっています。結晶構造のゆがみや、窒素、ホウ素などの元素が色の付着の原因になっていることもあります。無色透明であるダイヤモンドは、それだけ値段が高くなっていき、色がついているものは価値が低くなってしまいます。しかし、それに対してダイヤモンドの中にはブルー、ピンク、グリーンというように色がついているものもあり、これは逆に希少価値があるために値段が高くなっています。
Read the rest of this entry »

GP(ゴールドプレート)

金メッキを施してある場合には、ゴールドプレート、という言い方になります。この刻印の前後にある場合、その数字が金メッキの厚さについて表現をしています。

GF(ゴールドフィルド)

ゴールドフィルド、といわれるものの場合、金の層について高熱と圧力で素材を圧着する方法のことです。
Read the rest of this entry »

4C

アメリカ宝石学協会によって、ダイヤモンドの品質を定めるための指標が考案されています。その中には、色、透明度、カラット、カットという四つの要素によって決められた、4Cという基準があります。カットは、ラウンドブリリアントカットについて評価されることになりますので、それ以外のカットである場合には、単純にカットの種類だけが鑑定書には記録されることになります。
ダイヤモンドそのもののスペックを判断するための4Cというもの以外に、見た目の美しさによって価値を決定する指標を決めるべきだというような、存在価値そのものの見直しが行なわれてきています。アメリカ宝石学協会によって、ダイヤモンドの品質を定めるための指標が考案されています。
Read the rest of this entry »

ダイヤモンド硬い理由

ダイヤモンドの硬度に関しては、炭素原子が相互に作っている共有結合によって強度が保たれています。
ダイヤモンドは、一つの炭素原子が正四面体の中心にあるというように考えた場合には、最も近い炭素原子としては四面体の頂点にあると考えられます。この炭素原子はそれぞれがsp3混成軌道によって結びつき、これは理想的な角度といえるものなのです。そのため、まったくゆがみのない状態であるのです。こういった結晶構造を持っているダイヤに関しては、立方晶ダイヤともいわれています。その一方で、炭素の同素体であるグラファイトについては、層状の六方晶構造になっているものです。層の中の炭素同士の結合については、sp2混成軌道です。
Read the rest of this entry »

ダイヤモンドとは

炭素の同素体であり、ダイヤモンドは現在確認されているうちでは天然のもので最も硬度を持つものであるとされています。日本では、金剛石、という言い方もあります。結晶構造はほとんどが八面体になっていて、十二面体のもの、六面体という場合もあります。宝石として使われたり、研磨剤として使われるということも多数あります。
ダイヤモンドの結晶の元素については、不対電子が存在していないので、電気を通すということがありません。産出されるダイヤモンドの場合、地球内部の高温高圧の環境にて生成されることになるために、定形での産出はありません。形状としては角ばっているわけではないのですが、カットされる形状が由来して、ダイヤモンドといわれています。
Read the rest of this entry »

錬金術師たちの夢

今では錬金術として有名な金を変成させる方法も、中世から流行したものです。中世のヨーロッパでは様々な人たち、研究者や一般人までもが、錬金術に注目していたのです。
Read the rest of this entry »

新大陸発見と金・銀

科学や技術が発展していき、中世後期のヨーロッパは時代の変化を迎えていたのです。多くの国がまだ見つかっていない財産を探し求め、大航海時代となっていました。
Read the rest of this entry »

買取りページでは、金、プラチナの買取情報や相場、その他ブランドやケータイの買取情報などの情報を始め、買取専門サイトなど、様々な情報をお届けします。